MENU

ラグビーワールドカップ2023のツアー取扱い会社一覧!開催地、日程も調査

2023年9月にラグビーワールドカップが開催されます。
それに伴い、多くの旅行会社等がツアーのプランを用意しています。
この記事ではどんな会社がツアーを用意しているのかを開催地等の基礎情報と共にチェックします。

目次

ラグビーワールドカップ2023はフランスが開催地、開催都市と開催会場も紹介

studium

ラグビーワールドカップ2023の開催地はフランスです。開催地に関する情報は以下のとおりです。

開催都市開催会場
ボルドースタッド・ドゥ・ボルドー
フランス南西部最大のスポーツアリーナ
リールスタッド・ピエールモーロイ
スタジアムからアリーナへ変化する特別な機能を備えたスタジアム兼アリーナ
リヨンOLスタジアム
フランスで3番目に大きいスタジアム
マルセイユスタッド・ド・マルセイユ
様々なスポーツ使用されているスタジアム
ナントスタッド・ドゥ・ラ・ボージョワール
ラグビーワールドカップ2007でも使用されたスタジアム
ニーススタッド・ドゥ・ニース
UEFAユーロ2016等でも使用されていたスタジアム
サン=テティエンヌスタッド・ジェフロワ・ギシャール
ユネスコの「創造的デザイン都市」指定のとしにある会場で
ラグビーやサッカーの会場として使われてきた
サン=デニスタッド・ドゥ・フランス
フランス最大のスポーツ会場
トゥールーズスタジアム・ド・トゥールーズ
1938年のFIFAワールドカップのために建てられた歴史あるスタジアム

ラグビーワールドカップ2023の開催日程

schedule

開催期間は2023年9月8日(金)〜2023年10月28日(土)
ラグビーワールドカップ2023の開催期間中はサマータイムのため、
になります。サマータイム廃止の話も出ているようですが、フランスに関しては今年もサマータイムを採用しています時差に注意しましょう。(ちなみに2023年のサマータイムは3月26日〜10月29日までです。)

試合の日程はラグビーワールドカップ2023の公式HPから確認ができます。
公式HPでは日時と開催会場が確認できます。
日時については現地のフランスと日本のもの、両方が確認できます。
サマータイムがあるため、日本時間だと日程が変わるものもあります。
公式HPでは日本の日時も記載してくれているのでとてもわかりやすいです。

見逃すことがないようチェックしておきましょう!

ラグビーワールドカップ2023のツアーの一覧(会社名・5/31時点の残席)

match

2023年5月31日時点で残席があるツアーの一覧です。
会社名にリンクを貼っていますので、クリックすると概要を確認できます。

旅行会社5/31時点
株式会社ジェイワールドトラベル残席あり
(残りわずか)
STH JAPAN残席あり
東武トップツアーズ残席あり
パーパスジャパン残席あり(残り15名)

まとめ

ラグビーワールドカップ2023の開催まであと少しですね。
個人で航空券やホテルをおさえるのが難しい方は割高にはなってしまいますが、
ツアーを予約するのも一つの手ですね。
まだ受付をしている会社もあるので、よければ記事を参考に一度見てみてください!
情報を見つけましたら、随時アップしていきます

目次